不登校の子どもたちが通う民間教育施設(いわゆるフリースクール)における出席扱いについて (火, 02 7月 2019)
最近、子ども・若者総合相談センターでの相談や、法人のほっとスペース石巻等の場面において、学校や教育委員会、自治体、保護者から問合せが多いので、まとめてみました。 ※そもそもの不登校の定義はこちらからどうぞ。 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/futoukou/03070701/002.pdf ①民間教育施設(いわゆるフリースクール)でも、出席になるの? ・平成15年5月16日 15文科初第255号「不登校への対応の在り方について」という通知によって、学校長が一定の条件(=保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること等)とともに学校への復帰を前…
>> 続きを読む

川崎殺傷事件について (Sat, 01 Jun 2019)
容疑者が「ひきこもり」傾向であった(と推測される)ことと殺傷事件を起こしたことを、先入観や一般論的に紐づける論調や、報道姿勢に危機感を感じてる。 「ひきこもりだから、事件を起こした」「ひきこもりは、犯罪予備軍だ」 そのように受け取れるような、誤解を招くような報道は、現に今なお、「どうしたら」と悩みながら、この瞬間も生き続けている「彼ら」に、グサりとナイフを刺していることに、気づいたほうがいい。 「うちの子が、このまま不登校が続いて、あの人みたいに事件が起こしたら、どうしよう。」そんな不安が、現に相談ケースでも保護者から寄せられ、相談員が対応している。「早期のアウトリーチを求める」声もあがってい…
>> 続きを読む